世界三大紅茶とは?その種類・ブランドについてご紹介します

紅茶
紅茶 TEA
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。
美味しいお茶、飲んでいますか?

さて、世の中には世界三大・・・とつく言葉がたくさんありますよね。

世界三大美女
世界三大珍味
世界三大料理・・・など。

そこで、紅茶にも世界三大紅茶と言われるお茶があるのをご存知ですか?

今回はそんな世界三大紅茶(銘茶)をご紹介します。

スポンサーリンク

世界三大紅茶とは?

世界三大紅茶とはダージリン、ウバ、キームンの3種類の紅茶のことです。
ここで注意しておきたいのが3種類の紅茶は茶葉の種類ではないということ。

これらは産地を表している名称で、チャノキ自体の違いはありません。

これらのお茶は紅茶の中でも特に香りや味が優れているといわれ「世界三大紅茶」と呼ばれるようになりましたが、実はこの言葉

日本以外では通用していません
なぬっ!?

どうしてか、といいますとウバ紅茶にしてみると、昔は確かに高評価のお茶でしたが、スリランカの茶商は現在ではウバとは反対側にある、リゾート地として開発されたヌワラエリア産のお茶が最高だ!と認識しています。

また、他にもスリランカ南部で生息するローグロウンティー(標高600メートル以下の低地産茶のこと)の産地として有名なルフナの人気は世界的に高く、ウバ紅茶もこのルフナに寄った味に変化してきていると言われ、本来のウバ茶の味をもって紅茶は減ってきてしまっているのです。

このようなことから、現在では世界三大紅茶というのは世界的には通用していないのですね。

ダージリン

インド北東部西ベンガル州のダージリン地方が原産地の紅茶です。爽やかな口当たりと上品な香りからマスカルテルフレーバー(マスカットのような香り)が特徴で、この香りが強いほど上質なものとされています。

収穫の時期によって、特徴が異なり春はファースト・フラッシュ、夏はセカンド・フラッシュ、秋がオータムナルと呼ばれています。
特にファースト・フラッシュは上質のものになるとかなり高価になります。

このマスカットのような香りと、薄いオレンジ色の特徴から「紅茶のシャンパン」と言われ、日本人も大好きな香りの紅茶です。

ダージリンについてはこちらでも詳しく説明しています

ウバ茶

スリランカの中央山脈東側、ウバ州で作られている高級紅茶です。
スリランカはかつてセイロンと呼ばれていたことから、セイロンティーという名前も聞いたことがあるかと思います。

そのセイロンティーを代表するのがウバであり、バラやスズランといった甘い香りがするのが特徴です。
ミルクティーと相性がよく、日本だけでなくイギリスでも非常に人気のあるお茶です。

タンニンの含有量がやや多いのでほどよい渋みがあり、また色が非常に美しいため、カップの内側のふちに見える金色の輪は「ゴールデンリング」とも言われます。

ウバはハイグロウンティー(標高が約1,300m以上の茶園で生産されるお茶のこと)で、8月ごろに収穫されるものが高価と言われています。

ウバ茶についてはこちらでも詳しく説明しています。

キームン( 祁門)

中国安徽省で生産されるキームンは、キーマンやキーモンとも呼ばれ、発酵度がとても高い紅茶です。果物の蜜に似たスモーキーな甘さが特徴的で、歴史のある紅茶はイギリスでも人気が高くなっています。

アールグレイの発祥は、このキームンからではないか?という説があります。
※ラプサンスーチョンという説もあります。

特にヨーロッパへの輸出量は多く、イギリスではエリザベス女王の誕生日の日にはキームンを飲む伝説があります。

スモーキーで甘みがある味の特徴から、紅茶のブルゴーニュ酒と呼ばれるほど人気が高く、中国では官僚などが海外に行くときにはキームンをお土産として持っていくほど。

最高級品ともなると精製工程が増えるため、品質の良い8月のお茶は希少価値があがり高値が付くと言われています。最高級のものになると、市場には出回らないそうなので、一度はお目にかかってみたい紅茶ですね。

キームンについてはこちらでも詳しく説明しています。https://huapuke.com/keemun/

ちなみにですが・・・

世界三大紅茶メーカーは

リプトン

トワイニング

ブルックボンド

です。知ってましたか?

こちらは他の機会にご紹介しますね。

 

いかがでしたでしょうか。

今回は世界三大紅茶についてご紹介しました。
少しずつですが、こうやって紅茶についてご紹介していくと、紅茶の名前やブランドについていろいろわかってきますね。

茶葉の名前でなく、産地の名前だった!なんて、自分でも調べるまでは気が付かなったものも多くありました。

 

お茶の世界って深いです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました