ダージリンとアールグレイは違うんです!ダージリンについて紹介します。

紅茶
紅茶 TEA
スポンサーリンク

紅茶を飲みたいな、と思ったとき
ふと頭の中にでてくるのが「ダージリン」や「アールグレイ」という言葉ではないですか?

この二つ、紅茶の茶葉の種類だと思っていませんでしたか?

えっ?違うの?

はい、ダージリンとアールグレイは実は違うものなのです。

ダージリンはこの後詳しく説明しますが、インドのダージリン地方で生息し、製造された茶葉をダージリンと言います。
それに対し、アールグレイとはフレーバーティの一種のことです。茶葉にベルガモットで香りづけされたものを呼びます。

なので、ダージリンでアールグレイを作る、といういい方にしてみるとわかりやすいですかね。

アールグレイに関してはこちらで詳しくご紹介しています。

スポンサーリンク

ダージリンとは

世界三大銘茶のひとつで、世界的にも有名な産地です。
ダージリンは、インド北東のヒマラヤ山脈を背にする標高2,000m以上の山岳地帯の高地です。
一日の気温の寒暖差が激しく、朝晩には霧が発生します。
この霧と、冬でも0℃を下回ることがほとんどなく、雪が少ないということが、あの香りを生み出すのに最適な環境となっているんですね。

茶葉は伝統的なオーソドックス製法で丁寧に作られますが、まるでマスカットのような香り(マスカルテルフレーバー)が特徴で、この香りが強ければ強いほど高品質の茶葉と言われます。

薄いオレンジ色から「紅茶のシャンパン」とも言われていて、独特の渋みがあるのも特徴です。

茶葉のシーズン

茶園そのものの立地条件や、その年の気候により違いはありますが、約3月~11月ごろまでがシーズンとされています。

生産は、その年最初に芽吹いたファーストフラッシュから夏に摘まれるセカンドラッシュ、秋のオータムナルで一年を終了します。

・ファーストフラッシュ(3月中旬~4月下旬)

春に最初に芽吹いたものを摘んだ一番茶です。
涼しい時期なので、発酵が進まず、仕上がった茶葉は緑色~深緑色が多く混ざっていて、緑茶と見間違えるほどです。
カップに注がれた色は、薄い黄色~オレンジ色をしていて、若々しい香りと締まった渋みが特徴です。

ストレートティーで飲むのが一般的とされています。

・セカンドフラッシュ

5月から6月ごろに摘まれる二番茶はファーストフラッシュ後、約3週間ほど休眠期を経て、その後ゆっくりと成長します。
この時の茶葉は、発生する虫たちによる浸食や、風などによるストレスを受けるのですが、それを乗り越えるということで、一年の中で最も最高の葉となるんですって。

カップに注がれた色は明るい橙色になり、この時期に「マスカルテルフレーバー」と呼ばれる最高級の香りをもつ茶葉が生産されることもあります。

・オータムナル

セカンドフラッシュの後の雨季が終わると、10月から11月にかけて乾燥期がやってきます。この時に少しだけですが、良質の茶葉が生産されます。
この秋摘みの茶葉は、緑色が消え黒褐色となり、カップの中の色は赤みを帯びた美しい橙色に変わります。この様子から「紅茶のロゼ」とも呼ばれる様になり、香りも穏やかで、のど越しのよいお茶となります。

主なダージリン農園

ダージリンにはやく85ほどの農園があります。
ここでは、代表的なものを少しだけですがご紹介しましょう。

キャッスルトン

ダージリン茶園の中でも、最も有名で格式高い農園の一つがこのキャッスルトン農園です。
力強いマスカルテルフレーバーが特徴で、特にセカンドフラッシュの茶葉は世界的にも評価が高く、過去になんどか市場最高値がついたものも何度かあります。
日本でも知名度が高い農園です。

創業は1865年。カーシオンサウスバレーに開拓されたこの茶園は南、東向きという最高のロケーションの中、大部分は急傾斜に位置しています。

かつて、茶園内に円形の建物があり、その建物が城に見えたということからキャッスルトンと名前が付いたと言われています。

マーガレットホープ

当初の茶園の名前はバラリントンといいましたが、1927年にこの茶園を購入したイギリス人オーナーの娘が帰国する際に、13歳の若さで船上で亡くなりました。
当時のオーナーは娘の名前(マーガレット)と「いつかこの農園に戻ってきたい」と言っていた娘の願いを込めて、「マーガレットホープ」と名前を変えました。
少し切ない名前の由来なんですね。

こちらおもカーシオンサウスバレーで開拓され、ほぼ東側の斜面で展開しています。全体的に標高の高い区域が多いため、中国雑種の茶樹が多いようです。

創業は1862年。バランスの取れた高品質の茶葉が生産されるとして、近年人気が急上昇の農園です。

オカイティ

MilikValleyに開拓されたこの茶園は、ダージリンの農園でもTOP5に入るとも入れている優良農園です。

もともとはランドゥーという名前の茶園でしたが、1959年の品評会の際にはこのお茶をイギリスのエリザベス女王に送った時に、女王はこのお茶を飲んで感動し、何度のんでもおいしい「オッケーなティー」と言ったところからオカイティ(Okayti)になっというエピソードがあります。

創業は1860~1864年。この茶園もほとんどが東・南向きの絶好のロケーションで茶樹を生育しています。

セリンボン

RungbongValleyに面したセリンボンは、絶好のロケーションと厳しい管理からオークションで最高値を付けたこともある農園です。

1952年からバイオ・オーがニック農法を取り入れ、1997年にはバイオダイナミック農法と呼ばれる有機栽培を実践する数少ない農園で、肥料や水などはすべて農園内で自主調達し、自然環境に優しい高品質の茶葉を製造しています。

創業は1860年~1865年。茶葉は優しく包み込むような柔らかい味があると言われています。

 

 

いかがでしたでしょうか。

ダージリン農園はまだまだたくさんあるのですが、今回は代表的なものをほんの少しですがご紹介させていただきました。

ダージリンとアールグレイの違いもお分かりいただけたかと思います。

今日も素敵な紅茶ライフを楽しんでくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました