子どもの喘息になぜ水泳がいいの?スイミングに通ってみての感想

子育て・お役立ち
子育て・お役立ち
スポンサーリンク

我が家の息子、現在9歳になりますが、半年ほど前からスイミングスクールに通うようになりました。

 

何かスポーツはさせたいと思っていたのですが、もともと喘息持ちだったのということと、お友達が多く通っているという話を聞き、本人もちょっと様子を見たい感じでした。

そんな時、紹介制度もあるからよかったら名前使っていいよ、と言ってくれたお母さんもいたので、本人に声をかけたら

「行ってみたい!」

と思ったよりノリノリだったので、無料体験の予約をしたのです。

 

とりあえず、本人が体験すれば、やりたいかやりたくないかはっきりするだろう。
YESかNOかは本人にまかせることにしました。

スポンサーリンク

やってみたい!ということで

体験終了後、本人に話を聞くと

「むずかしかった~」

とちょっと落胆気味。
これはだめだったか・・・と無理してやらなくてもいいけど、と声をかけたら

「やってみたい!」

とのこと。

まあ、期待せず本人が続けたいと思う間だけいけばいいや、という感じで始めることになったのです。

水泳は喘息によい?

先ほども記述しましたが、我が家の息子は喘息持ちで、とくに冬場の乾燥時期になるとよく発作を起こしていました。

そのたびに、吸入をしていたのですが、ひどい発作になると吸入でもおさまらず、よく夜間救急病院などで点滴をしてもらっていたのです。

私も幼いころは小児喘息をもっていましたので、その苦しみはよくわかります。
息子がゼィゼィと苦しそうな息をしているたびに、かわいそうで仕方ありませんでした。

前から水泳は喘息にいいという話を聞きますが、どうしてだか知っていますか?
その理由は

・気管支の収縮がおこりにくい
・呼吸機能が鍛えられる
・自律神経が鍛えられる
と言われています。
では、具体的にどういうことか詳しく見てみましょう。

気管支の収縮がおこりにくい

喘息の発作を起こしやすいときは、空気が乾燥しているときです。
空気が乾燥しているときは、アレルゲンとなるほこりやダニが舞いやすくなります。

喘息が起きる原因は、アレルギーなどの反応、たばこやほこりなどで気管が炎症を起こし、気管が縮まり(収縮)、発作が起きてしまうのです。

水泳の室内プールの環境は湿度と温度が高いため気管の収縮が起きにくくなり、その結果発作も起きにくくなるというわけです。

呼吸機能が鍛えられる

水泳は、水中運動になるので呼吸は規則正しく、意識して行わなければいけません。それにより、一回で摂取できる酸素の量が増えていき、呼吸筋が強化されます。

また、水泳では水中で呼吸する際には腹式呼吸になります。これは水圧で横隔膜を使うようになるからです。
この腹式呼吸でも呼吸筋が強化されることにより、肺活量が増え発作が起こりにくくなるんですよ。

自律神経が鍛えられる

自律神経は、気管を一定に保ってくれる働きもしています。そんな自律神経は、実は皮膚に一番多くあり、これが水泳で水に入ることで刺激されるのです。

刺激されることによって、自律神経が鍛えられ気管の収縮も減っていき、喘息の発作が少なくなってくるといわれているのです。




半年通ってみて

実は息子は大の人見知りで、グループの輪の中に進んで入っていくことはできません。
おとなしいわけではないのですが、積極的に行うことが恥ずかしいようです。

以前、サッカーにも興味がありそうだったので、見学を進めたのですが、あまりいい返事がなく、結局見学には行きませんでした。

チームでプレーするのって苦手
選手に選ばれた、とかそういう話を友達から聞くたびに、優劣がつくことは苦手だと言っていた息子。
その点、水泳だとほぼ個人競技ですし、同じレベルの子たちとレッスンを受けるので、失敗して責められることもありません。
二ヶ月に一度進級試験があるので、その試験合格のためにも、モチベーションは持ち続けていましたし、コーチも熱心な方たちで、でも厳しくなく、息子もやりやすかったようです。

この半年間、通い続けましたが、一度も休むことなく行くことができました。
喘息は果たしてよくなったか・・・ということですが、完全に発作が出ないわけではありませんが、夏の台風の時期に出る発作はだいぶ少なかったです。

風邪をひいたときも、たいがい気管支をやられて喘息の発作を起こしていましたが、今年は風邪をひくこともありませんでした。

 

すべてが水泳の成果とは言えませんが、それでも息子には効果があったと思います。

 

なによりも、今は水泳に通うのが好き♪という感じなので、夢中になれるものがみつかってよかったです。

 

上手になることだけでなく、好きなことを続けられるそんな環境で楽しんでもらいたいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました